ようこそ林正寺へ

林正寺7つのお約束

  • (1)寄附を求めることはいたしません。また、檀家になることを強制いたしません。
  • (2)ご縁のあった方にはお寺だよりや各種イベントの案内をお配りいたします。
  • (3)いつでもお参りしやすい環境を寺族一丸となって整備いたします。(お墓参りは積極的にお願いいたします。その際、お寺にあいさつなどは不要です)
  • (4)「毎日、読経」「毎日、インスタ」で「毎日」を大切にし、発信いたします。
  • (5)常に「あなたのお寺」となれるよう各種ワークショップの開催やヨガ・フラダンスなどサークルを支援し、仏教フェス「花まつり」寺フェス「ENNE」を実施し、ワクワクしたお寺にしていきます。
  • (6)施主のご意向に沿った葬儀・法事を心掛けます。
  • (7)ご来寺いただいた方やお問い合わせいただいた方には、親身になってご対応させていただきます。

新着情報

新型コロナウイルスの対応について

日に日に新型コロナウイルスの不安の中で皆さまは日々を過ごしていることかと存じます。林正寺でもコロナ対策として、法事の少人数化、換気の徹底、マスク着用など心がけていますが、法事自体を延期あるいは中止される方もおられます。ご家庭のご事情に合わせ、ご相談いただければ当寺院も、ご意向に沿った形でご対応させていただきます。
なお、墓地や永代供養墓のご相談は、通常どおり行っております。ご気軽に見学・相談にお越しください。

墓地・永代供養のページを更新しました

既存墓地も残りわずか(5基)となり、3月も新規3件のお申込みをいただきました。
また、新潟県初の女性限定の永代供養墓「さくら」、そして、お墓の建立・撤去をお寺で担う定期期限付き墓地「久遠」も完成し、4月から一般申込みを開始いたしました。
「墓地・永代供養について」のページをご覧ください。http://www.niigata-reienn.com/general.php?page=3

庫裡が完成しました

昨年から改修を行っていた庫裡がようやく完成いたしました。リフォームという形ではありますが、骨組みを残し、その他すべて新しくしたため、ほぼ新築に近い状態です。もちろん、「寄附」などは一切いただかず建立しました。いろんな方からお越しいただきたく、そして、様々な活用をいただけるようお寺には珍しく洋風のテイストとなっています。

お寺終活サロン「唯縁」として、終活のセミナーなどを不定期で開催いたします。
なお、本ページにて実施案内をいたします。
※現在、コロナウイルスによる影響のため、当面の開催は未定です。決まり次第お伝えいたします。

 
 

過去の行事履歴

除夜の鐘、今年もたくさんのご来寺ありがとうございました。

今年も多くのご来寺ありがとうございました。そして、お楽しみ整理券にも、ご協賛いただきました株式会社鈴木仏壇店様、本当にありがとうございました。今年もたくさんの寺業展開を行っていきます。どうぞお楽しみに!

 
 

報恩講・井上広法師の法話に涙と笑い

11月3日、当山の報恩講にメディアでも活躍する浄土宗の井上広法師から法話をいただきました。当日は100人を超える参拝となり、本堂は満堂。入りきれずお帰りになられた方もおられました。
広法師からは、「仏教」のお話だけではなく、いのちの積み木の話を交え、先祖の大切さをお話いただきました。本堂は、笑いや頷きから、最後は涙、そして涙と全国の屈指の法話に本堂は驚きの声が上がりました。
お越しになられた方は、「メディアに出るだけあって、話が凄い」「今まで様々な法話を聴いたが一番わかりやすく、楽しく、そして感動した」などといった声が聞かれました。

8月31日に縁音ーENNEーを開催しました

3年ぶりに林正寺の夏の風物詩である縁音ーENNEーを開催!当日は、音楽のほか、食もこだわり流しソーメンはじめ、焼きそば、ポップコーン、ビールの振る舞いなど、地元の方々を中心に60名で盛り上がりました。おかけで林正寺に楽しい夏のひと時の想い出ができました。

5月19日(日)に実施した仏教フェス「花まつり」たくさんのご来寺いただき、誠にありがとうございました。

今年で7回目となる仏教フェス「花まつり」
中野小路たかまろさんの漫談をはじめ、フラダンスショー、マジックショーが、多くのご来寺いただいた皆様からご好評いただき誠にありがとうございました。
また、開催に先立ち、永代経法要にもご臨席賜り厚く御礼申し上げます。

寺ッスリー (Terasserie)ご来寺いただきありがとうございました!!

お寺を1日限定でビアホール・ワイン酒場に!9月2日(土)に寺フェス−ENNE−「寺ッスリー(Terasserie)」バージョンを開催!!
今年の寺フェスは、趣向を変えて「寺」と「フランス」のコラボ的なイベントにさせていただきました!なので、一流シェフによる西洋料理とワイン、生ビールはじめとした飲み物の数々、そして、贅沢なライブ演奏、200インチのスクリーンも使用し演出ありと寺の総力を結集させて開催!

スタッフ含めて70名のご来寺いただき本当にありがたい限りです。

「感謝は返謝してこそ、最初に受けた感謝が完遂する。」

ご協力いただきましたスタッフの方々には、また改めてこの感謝の想いを返謝したいと思っております。

なお、新潟日報様には、9月5日㈫に当日の様子をご紹介いただき誠に感謝申し上げます。

2019年の寺フェス「縁音−ENNE−」今年は8月下旬に開催します!

平成27年、28年と寺フェス「縁音−ENNE−」を開催。29年は、寺ッスリーとして実施。

2019年は、また趣向を肥やして開催予定、乞うご期待!

毎月第1金曜は「ヨガ」。第2水曜は「フラダンス」教室を開催。また、各種ワークショップを行っています!

ヨガは1回1,500円で、午前10時から1時間程度。そして、フラダンスは1回1,000円で、午前10時から1時間程度開催いたします。
日ごろの健康維持と参加者同士の交流を図りより良い生活を目指しましょう。

また、お寺カフェの途中に体操や氣功など各種のワークショップを行っています!案内はFacebookなどでお知らせしています。お気軽にご参加ください!

お寺カフェ

 林正寺で月1回第3日曜日の午前9時から正午まで「お寺カフェ」を開催しています。
 鐘楼堂の鐘の音で、開始。
 お経と法話のあと、コーヒーで、日曜午前のひと時をお過ごしいただいています。
 もちろん参加料等は必要ございません。申し込み不要です。お気軽にお越しください。
 また、カフェの途中、お仏壇のお磨き方講習や健康体操などワークショップも併せて行うなど様々なバリエーションを交え仏縁を育む講座も不定期で実施しております。(こちらは一部有料の場合もございます)

 
 

団体参拝

 毎年秋にマイクロバスを使用して県内の仏教寺院に参拝および日帰り施設にて休憩を行い皆さんの親睦を図っています。
 また、平成29年11月は本山・東本願寺(京都)へ団体参拝に行ってきました。

三条別院お取り越し報恩講団体参拝
 
ご参拝の後は日帰り温泉にて寸劇を鑑賞しました。
 

そば打ち講座・うどん打ち講座

 秋は新そばを使用したそば打ち講座を開催。冬はうどん打ちの体験も実施します。初心者が対象の講座です。

 住職も挑戦しますが、なかなか上達しません。皆さんの上達の早さに毎回ビックリさせれています。

大好評のそば打ちです!
 
 

彼岸会、報恩講、除夜の鐘など浄土真宗の寺院としての行事

 寺院行事も定例として、聞法する場を皆さまと進めております。堅苦しいものではなく、話を聴いて自分自身でのどう受け止め、いただいていくかを各自で見つめなおしていただきます。

 除夜の鐘は、平成25年に改修された鐘楼堂にて、ご来山いただいた全ての方に打ってもらおうと整理券を配布し、実施しております。また、子どもにはお菓子の配布や大人へはお酒、お茶、コーヒーなど皆さんに親しんでもらえるよう取り組んでいます。

  • 報恩講は11月上旬頃に実施。
    令和元年は、浄土宗光琳寺(宇都宮市)副住職・井上広法師による法話。
    平成29年は、東北大学の准教授で、真宗大谷派僧侶でもある谷山洋三先生による法話。
    平成28年は、新潟県立がんセンター内科部長・今井洋介師によるお話。
    平成27年は、祇園寺住職・富井清孝師による法話
    平成26年は、護念寺住職・細川好円師による法話
    平成25年は、亀田往生人舎・今泉温資師による法話
  • 12月31日除夜の鐘の様子(子どもへはお菓子、大人へはお茶・コーヒーをご用意)
 
 

メディア・取材など広報について

寺報「お寺だより」を配布しています。

 当寺院の寺報は、檀家さんや地域の方々がお互いに会話したくなるような記事を満載しています。「檀家さん紹介コーナー」「私が僧侶になった理由」、そのほか行事の写真など。寺報はお寺と皆さんを繋ぐラブレター!となるよう心がけています。
 また、当寺院の財務情報を公開しています。収支などで布施収入や住職の給与などを明確にし、寺院に関わる皆様に公益的な宗教法人として安心してもらえるよう努めています。

地元テレビ局、月刊住職はじめ業界誌に掲載

平成27年8月「月刊住職」に掲載
平成27年9月ファイナンシャルプランナー業界メルマガに掲載
平成28年3月テレビ新潟「Teny(夕方ワイド一番)」」にて放送
平成28年9月鎌倉新書「寺の友社」寺院の取り組みコーナー掲載
平成29年9月新潟日報朝刊に「寺ッスリー」の様子が掲載
平成29年11月TBS「Nスタ」特集で放送
平成30年2月BSN「名刹紀行」にて寺院の紹介
平成30年5月フューネラルビジネス「自寺改革」に掲載
平成30年8月にいがた経済新聞

そのほか住職・副住職ともにメディアにて取材・コメントなど有り。