ようこそ林正寺(りんしょうじ)へ

林正寺7つのお約束

  • (1)寄附を求めることはいたしません。また、檀家になることを強制いたしません。
  • (2)ご縁のあった方にはお寺だよりや各種イベントの案内をお配りいたします。
  • (3)いつでもお参りしやすい環境を寺族一丸となって整備いたします。(全ての墓地・永代供養墓等に年2回、高圧洗浄機による掃除を行うほか、春彼岸前に全ての墓地・永代供養墓に墓読経を行います)
  • (4)「毎日、読経」「毎日、インスタ」で「毎日」を大切にし、発信いたします。
  • (5)常に「あなたのお寺」となれるよう各種ワークショップの開催やヨガ・フラダンスなどサークルを支援し、仏教フェス「花まつり」寺フェス「ENNE」を実施し、ワクワクしたお寺にしていきます。
  • (6)ご尊家(施主)のご意向に沿った葬儀・法事を心掛けます。
  • (7)ご来寺いただいた方やお問い合わせいただいた方には、親身になってご対応させていただきます。

新着情報

5月の合同法要および花まつりを執り行いました

5月19日に、永代供養墓の合同法要と午後から花まつりを執り行わせていただきました。
花まつりでは、住職による経典「仏説阿弥陀経」の紙芝居絵解きをはじめ、新潟ジャズストリートなど県内外で活躍する4組のアーティストによる演奏。そして、新潟お笑い集団NAMARA所属の「ゆとりズ」による爆笑ライブで本堂は盛り上がりました。
今回もたくさんのご来寺いただき誠にありがとうございました。

 
 

除夜の鐘および修生会にご参拝ありがとうございました

今年も大晦日及び年始の除夜の鐘、そして、修生会にご参拝いただきありがとうございました。おかげさまでたくさんのご参拝となり、本寺院も今年の励みとなりました。
なお、今年は樹木葬のお申込みも開始いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

満堂となった報恩講

11月19日(日)当寺院の報恩講も無事に厳修となりました。
法話は、当寺院の衆徒である堀和則師から賜りました。堀師の経験を通して、生かされていることの大切さを改めて考えされたほか、博学なお話しもお聴きすることができ本当に有難い時間となりました。

また、高座をつとめていただきました新潟お笑い集団「NAMARA」所属の「㐂八家五円(春巻マサシ)」さんはたくさんの笑いが本堂に響き渡り、こちらも本当に素晴らしい時間となりました。

最期、皆で恩徳讃を唱和しましたが、久しぶりに声が共鳴する響きをいただくことができ本当にありがとうございました。

境内墓地のお申込みを受け付けしております。

墓地のお申込みの件数も徐々に増えてまいりました。
特に、区画代と墓石代・工事費の全て含まれた65万円(税込)が一番お申込みをいただいております。大きさは90cm×90cmとなります。仏様は5〜6人の納骨は可能となっております。追加費用が一切かからないため、安心してデザインも調整することが可能です。
なお、墓じまいをされて、当寺院へ新たに建立される方も半数くらいおられます。
2023年の春に区画整備し、新たに40区画新設いたしましたが、人気の角地からお申込みが埋まっている状況です。
生前申込みも可能ですので、ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。

 
 

リンク

お寺のポータルサイト「まいてら」にも林正寺についての情報を掲載しております。よろしければご覧ください。

インタビュー記事掲載のお知らせ

「まいてら」に当寺院のお寺カフェに関する記事が掲載されました。
https://mytera.jp/paper/rinshouji61_20231101/

本堂御内陣の後堂整備が完了しました(令和4年7月現在)

本堂裏手の後堂について、環境整備を行ってまいりましたが、6月に工事が完了しました。
既に本堂内に仏様を一時預かりしているご家族様や納骨壇に納骨されているご家族様にも、今後、本堂内を気持ちよくご参拝いただき、故人様を偲んでゆっくり手を合わせていただけるのではないかと思っています。

 
 

参道整備が完了しました

参道・書院の石畳工事、玄関のタイル工事が完了いたしました。また、参拝者の駐車スペースを広くするため、アスファルト舗装を施し、数台分多く停めれるようスペースを拡張しました。

 
 

お寺カフェ

 林正寺で月1回第3日曜日の午前9時から正午まで「お寺カフェ」を開催しています。
 鐘楼堂の鐘の音で、開始をご案内。
 お経と法話のあと、コーヒーで、日曜午前のひと時をお過ごしいただいています。
 もちろん参加料等は必要ございません。申し込み不要です。お気軽にお越しください。
 また、カフェの途中、お仏壇のお磨き方講習や健康体操などワークショップも併せて行うなど様々なバリエーションを交え仏縁を育む講座も不定期で実施しております。(ワークショップについては一部有料の場合もございます)

 
 

団体参拝

 三条別院にて行われる報恩講や本山・東本願寺(京都)へ檀家さんはじめ地域の方々と一緒に参拝しています。

メディア・取材など広報について

寺報「お寺だより」を毎月発行しています。

「お寺だより」を毎月発行し、檀家さんやご縁のあった方々にお寺の「今」を伝えています。

地元テレビ局、月刊住職はじめ業界誌に掲載

「弔い直し」に関する記事が読売新聞(令和4年10月)
業界誌・月刊住職(令和5年1月)に掲載されました。

そのほか住職・副住職ともにメディアにて取材・コメントなど有り。

ご不明な点がありましたら【よくある質問】をご覧になるか、下記の【お問い合わせ】からご質問ください。